はりまふるさとアーカイブ

播磨圏域中枢都市圏関連事業



 はりまふるさとアーカイブ 検索画面へ 検索のしかたへ

諸国名所百景 播州姫路市川の渡し

歌川 広重(2代)が、安政6年己未(1859年)に市川の渡しの様子を描いたもの(部分)

※ 画像をクリックすると該当資料の高精細画面が現れます。

はりまふるさとアーカイブとは

姫路城鳥瞰図

昭和16年(1941年)に発行された1800年代の姫路城鳥瞰図。山添輝一作。(部分)


播磨連携中枢都市関連事業として、播磨圏域の文化財等の保護に努めるとともに、それらを活用して地域の歴史・文化に対する圏域の住民の認識を高める取組を推進する目的で、連携中枢都市関連市町と共同し郷土資料をインターネット上で閲覧可能な郷土資料デジタルアーカイブシステムとして構築しています。(現在、参加市町は姫路市、赤穂市、宍粟市、たつの市、市川町、神河町、太子町の4市3町です。)

アーカイブの公開に際して


姫路市をはじめ関連市町では、人権尊重のまちづくりを目指した人権施策を進めております。「はりまふるさとアーカイブ」の公開にあたって、人権に配慮し公開検討をしておりますが、古文書の郷土資料につきましては、各作成年代の時代背景を反映しており、現在からすると差別意識や偏見などが含まれている場合があります。それらの歴史的社会的背景をご理解し、ご留意いただきますようお願いいたします。

姫路市惣社臨時大祭典造山之圖

大正2年(1913年)に藤尾國盛堂から発行されたもの。(部分)

※ 画像をクリックすると該当資料の高精細画面が現れます。

姫路市立図書館の所蔵資料について

雲龍帖

寛政2年庚戌(1790年) 2月から3月までの酒井宗雅(姫路藩藩主)と松平不昧(出雲松江藩藩主)の茶湯問答集。

二階町通り

昭和28年(1953年)の二箇町通りの様子。(「三ツ山大祭絵葉書 播磨國総社」より)

西二階町東望

昭和20年撮影の姫路市街の様子。(「太平洋戦姫路市被災情況写真集」より)


姫路市立図書館では、現在約60,000冊の郷土資料を所蔵しています。これらの他に、古文書など近世資料を所蔵しています。「はりまふるさとアーカイブ」では、これら近世・近代資料の郷土資料を、播磨圏域の皆さんの生涯学習にお役立ていただくよう公開いたしました。

古文書

古文書は、 (1)郷土史家橋本政次氏が収集したもの(橋本文庫) (2)姫路城主酒井忠以(宗雅)など茶道に関する古文献(姫路文庫) が主な所蔵資料です。

(1)橋本文庫

(2)姫路文庫

  • 風虎帖

    寛政元年(1789年)己酉、1月より3月までの酒井宗雅と松平不昧の茶湯問答集。 

  • 茶入紐結形入

    天明5年、茶入の紐の結び方の実物で示したものを、不昧の末弟蒔田定静(1771-1797)が宗雅のもとへ斎したものを、宗雅が紙こよりで模して保存したもの。

近世・近代資料

郷土研究家高橋秀吉氏の蔵書を寄贈されたものや図書館が収集保存している古地図などが主な所蔵資料です。

  • 四季の花(全10帖)

    酒井 抱一(1761-1829)の草花図。

  • 姫藩典制録(一)

    家臣・足軽町人に対する姫路藩の法度。(江戸後期)全24巻と続巻7巻。第1巻は、「咸休院様貞享元年御入部所持控」、「咸休院様元禄十四年年始之御規式」を収録。咸休院は、酒井忠挙(1648-1720)の法号。

  • 幾藏図冊

    播姫龍野町五丁目大工 源助伜幾藏が描いた姫路城城門の図冊。

絵葉書・絵図・図絵・写真集

図書館所蔵の戦前の絵葉書・絵図・図絵・写真集などが主な所蔵資料です。

  • Best Safety Matches For Export

    昭和20年代の播磨燐寸株式会社による輸出用燐寸のカタログ。現ハリマ株式会社(姫路市網干区和久)

  • 〔藩札〕銀一文目

    文政3年庚辰(1820年)、〔姫路藩〕姫路錦町発行の姫路木綿〔手形〕。引換(引請人)は、姫路錦町國産会所・中嶋蔵屋敷國産会所。

※ 画像をクリックすると該当資料の高精細画面が現れます。

姫路市立城郭研究室の所蔵資料について


城郭研究室には、姫路藩酒井家資料をはじめとする近世史料や、「姫路城昭和の大修理工事」関係図面や記録写真など、あわせて1万点弱が所蔵されています。このうち資料の収納状態や大きさの問題から一般公開が難しいものを、「はりまふるさとアーカイブ」のシステムを利用して公開します。

「姫路城昭和の大修理工事」関係図面

姫路城および姫路藩に関係する絵図で、酒井家・榊原家に伝来したものが中心で、そのほかにもこれまでに城郭研究室が購入したものもあります。

  • 五重外観西面

    姫路城昭和大修理の野帳より、五重外観西面実測図。

姫路城関係絵図

姫路城および姫路藩に関係する絵図で、酒井家・榊原家に伝来したものが中心で、そのほかにもこれまでに城郭研究室が購入したものもあります。

姫路侍屋敷図

好古堂が大手門前に移転する文化13年(1816年)以前の姫路城下町の実測図。

二、三重外観東面〔野帳〕

姫路城昭和大修理の野帳より、大天守外観及び各部詳細実測図。

デジタルアーカイブの二次利用(複製・掲載・放映等)について

姫路市立城内図書館

各館の所蔵資料で著作権の消滅した郷土資料等を出版・放映・インターネット上での公開等の目的で複製使用する場合は、あらかじめ各館館長または所属長に申請書を提出し許可を受けていただく必要があります。使用承認に日数がかかる場合もありますので、余裕を持っての申請をお願いします。

複製使用とは

  1. 当該資料の全部あるいは一部を改変することなく、原本通りの内容で掲載または出版し、頒布すること。
  2. 当該資料の全部あるいは一部を改変することなく、原本通りの内容を複写し、展示あるいは放映等に使用、あるいはインターネット上等で公開すること。
  3. 当該資料の全部あるいは一部を改変することなく、原本通りの内容を複写し、マイクロフィルム化あるいはCD-ROMその他の媒体に複製すること。
  4. その他、当該資料の全部あるいは一部を改変することなく、原本を複製し使用する一切の行為。

使用条件について

  1. 原本の所蔵所在を明記してください。(姫路市立図書館、姫路市立城郭研究室など)
  2. 許可した趣旨以外には使用しないでください。
  3. 複製使用によって生ずる一切の責任は、すべて申請者が負うこととなります。
  4. 出版等により著作物を作成した場合は、作成された資料の寄贈(2部)をお願いします。

申請手続きについて

  1. 「複製等許可申請書」( ダウンロードはこちら)の提出が必要です。電子メールで申請される場合は姫路市立図書館のホームページから様式をダウンロードして下さい。 その場合、下記の担当までお電話でご一報ください。
  2. 「複製等許可申請書」には、翻刻等の趣旨・使用方法等の計画を明示してください。
  3. 申請者名は当該企画の責任者の方でなくてもかまいませんが、申請書の「複製等責任者」には責任者(代表者)名を記入してください。
  4. 「複製等許可申請書」に記載された計画を変更する場合は必ず事前に届け出てください。
  5. 使用許可について 申請書受領後、後日許可が完了したことを当館館長名による「複製等許可書」を発行します。

問い合わせ先

姫路市立城内図書館 資料係 
TEL 079-289-4882 
FAX 079-289-1896  
E-mail data@library.city.himeji.hyogo.jp 
〒671-0012 
姫路市本町68-258 

姫路市立城郭研究室

問い合わせ先

TEL  079-289-4877 
FAX  079-289-4890 
E-mail http://www.city.himeji.lg.jp/sosiki/query/_1192.html 
〒671-0012 
姫路市本町68-258 
日本城郭研究センター内