明治の姫路百景

閉じる
  • 資料情報

    閉じる

    筆者:高橋 秀吉 著
    発行:駟路の会事務所
    版年:昭和45年(1970年)
    カテゴリ:しらさぎ文庫
    頁:42p.
    サイズ(縦×横):22×15cm
    その他:平成28年度(2016年)図書館デジタル化推進事業
    備考:著作権者のご好意により、複製権及び公衆送信権の許諾を得て、公開しています。(姫路市立図書館著作権許諾番号 NO.15-1)
  • 訳文

    閉じる

  • 訳文

    閉じる

  • サムネイル

    閉じる

    P002 P001

    P004 P003

    P006 P005

    P008 P007

    P010 P009

    P012 P011

    P014 P013

    P016 P015

    P018 P017

    P020 P019

    P022 P021

    P024 P023

    P026 P025

    P028 P027

    P030 P029

    P032 P031

    P034 P033

    P036 P035

    P038 P037

    P040 P039

    P042 P041

    P044 P043

    P046 P045

    P048 P047

    P050 P049

    P052 P051

    P054 P053

    P056 P055

    P058 P057

    P060 P059

    P062 P061

  • 目次

    閉じる

    目次

    明治の姫路百景

    はじめに 一、姫路城の旧観 二、馬車道修築碑 三、飾磨県庁の建物 四、姫路市役所

    五、料亭あいらく園 六、お夏清十郎比翼塚 七、河合宗元の碑

    八、姫路駅機関庫 九、西洋建の民家 一〇、武家屋敷の姿 一一、呉服店の飾り

    一二、木綿会所 一三、姫路神社 一四、道しるべの立石

    一五、手柄山と船場川 一六、三左衛門堀 史跡愛惜三左衛門堀旧景

    一七、武徳殿 一八、旧日本民家 一九、豊国の大松 二〇、姫路中学校

    二一、旧姫路駅舎 二二、旧飾磨港の洋風灯台 二三、旧十連隊本部

    二四、城の中堤 二五、青年文士大会の絵葉書 二六、西南役碑 二七、単線だった山陽本線

    二八、豆腐町駅二九、北条口門の番所小屋 二九、北条口門の番所小屋 三〇、新道の柳並木 三一、一里塚の大松

    三二、大正天皇御成婚奉祝の商家名簿 三三、福中橋詰の肉屋と料理店 三四、十二所前に移転した城南小学校

    三五、第十師団司令部 三六、イカルガの本陣建物

    三七、船場本徳寺の亀居の松 三八、陸軍偕行社

    三九、播磨総社の会 四〇、幡念寺の楼門 四一、城南小学校

    四二、手柄山頂上 四三、元の郡役所

    四四、日本一の機関庫 四五、国道以前の中濠

    四六、神屋の天神の森 四七、姫路城門 四八、歩兵第十連隊

    四九、「鷺城新聞」

    五〇、小松屋の看板 五一、福中町筋

    五二、お菊神社 五三、姫路西高等小学校

    五四、飾磨郡役所 五五、明治天皇行在所 五六、増位温泉

    五七、網干本町橋 五八、網干への電車

    五九、和久地区

    六〇、播磨国分寺 六一、御着の天川橋 六二、丹波街道法華道

    六三、甲山西の市川 六四、春日野の松林

    六五、大セル病院 六六、飾磨海水浴煬

    六七、篩磨港の帆船 六八、飾磨旧港内

    六九、飾磨浜の宮天満宮 七〇、飾磨お台場(だいば)

    七一、姫路中学校(2) 七二、師団長の帰還

    七三、御幸通歓迎門 七四、十二所神社の藤の棚

    七五、書写山摩尼殿(まにでん) 七六、日毛工場以前の農地

    七七、薬師山から東望の船場 七八、田舎女郎石

    七九、河野家の座敷 八〇、白浜小学校の旧観

    八一、固寧倉(こねいそう) 八二、松原の八正寺 八三、宇佐崎の塩倉

    八四、大塩の積出船 八五、塩の町だった大塩 八六、八代の東光寺

    八七、月ヶ岡の小笠原社

    八八、西今宿の高丘神社道標 八九、神子岡前の牛型瓦 九〇、河間町正覚寺前の奉迎門

    九一、英賀神社の根上がり松 九二、新旧の広栄橋

    九三、網干興浜旧街道の曲り角 九四、津田の宮の松林

    九五、清水の薬師 九六、藪田の巴松

    九七、林田の鴨池 九八、林田の梅林 九九、白浜の塩田

     一〇〇、林田敬業館

    著者あいさつ

  • 訳文表示

    閉じる

    左ページの訳文を表示

    右ページの訳文を表示

  • 最終ページ

  • 次ページ

  • 前ページ

  • 先頭ページ

  • 拡大

  • 縮小

  • 元に戻す

  • フル画面

  • 横幅合わせ

  • 縦幅合わせ

  • /62